ラココキャンペーン

MENU

全身脱毛と日焼けの関係は?

全身脱毛ではフラッシュ脱毛あるいはレーザー脱毛が行われるのが一般的です。

 

そのため日焼けをしている時は全身脱毛の計画が狂ってしまいます。

 

フラッシュ脱毛もレーザー脱毛も毛に含まれるメラニン色素に反応して、毛を作る細胞にダメージを与えています。

 

日焼けすると肌が黒くなってしまいますが、これは紫外線のダメージから守るためにメラニン色素が生成されているからです。

 

よって日焼けした肌にフラッシュやレーザーを照射すると、毛だけでなく肌のメラニン色素にも反応して熱ダメージが加えられます。

 

その結果、火傷を引き起こすので日焼けした肌に施術をすることはありません。

 

全身脱毛の場合は、脚や腕など日光に当たりやすい部位以外にも施術を行うので、日焼けしていない部位を代わりに行います。

 

しかし毛には生えたり抜けたりする周期があり、サロンやクリニックはそれに合わせて施術の計画を立てているので、順番を変えてしまうと効率良く効果を感じられない可能性があります。

 

回数制のプランを利用している人は、追加で施術を受けることになります。

 

また施術を受けた後も日焼けに注意が必要です。

 

施術後は肌表面が乾燥しているので、紫外線のダメージを受けやすいので少なくとも顔や脚、腕といった部位は対策をします。

 

施術後の日焼け対策を怠って炎症を起こせば、次の施術に影響していますので注意が必要です。

 

サロンやクリニックではメイクルームを用意していることがほとんどなので、施術後でも余裕を持ってクリームを塗るなどの対策が可能です。

 

↓日焼けでも対応できるラココの脱毛↓